NBC長崎放送

  • ラジオ
  • 第3弾 We Do!For Children~子どもたちのためのプロジェクト~

主催

NBCラジオ
フラコミュニケーションズ株式会社

 

 こどもたちのためのプロジェクトとは

すべてのこどもたちへ輝く未来を

この度、NBCラジオとフラコミュニケーションズでは、不慮の事故から子どもたちを守る活動を行っているNPO法人「Love&Safetyおおむら」へ賛同し、未来ある子どもたちの健やかな成長を目的として、放送を通したキャンペーン活動、寄贈品作成、自然・文化・社会体験などの多様な機会の提供など、様々な取組みを行うためのプロジェクトを共同で立ち上げました。

 

 水辺の事故を減らすために、今できること

こどもの命を守るために必要なことは
正しい知識とライフジャケット

海や川、湖。水辺はこどもにとって発見や喜びを与えてくれる最高の遊び場です。
しかし、毎年多くのこどもたちが水の事故で命を落としています。
そんな不慮の事故からこどもたちを守りたい。
そのために、私達ができることが2つあります。1つは、水辺の安全に関する正しい知識を身につけること。もう一つは、こどもにライフジャケットを着用させることです。

 

目を離した一瞬に事故は起こる

「浅い場所なら溺れない」「泳げれば大丈夫」。そう思っていませんか?しかし、浅い場所や波や流れのない場所でも人は溺れます。
さらに、泳ぎが得意な人も、溺れる可能性があるのです。その原因は、過呼吸です。
不安や緊張を強く感じると過呼吸になることがありますが、それが水中だと、開いた口から水が入り気道にはいった水を吐き出すことができなくなり、やがて心肺停止にいたります。こうして人はあっという間に、かつ助けを呼ぶ声も出せずに静かに溺れていくのです。

 

楽しく遊ぶための備えが大切

こうした自体を防ぐ最善策は、ライフジャケットを着ること。
ライフジャケットは浮力を持っているため、鼻と口を水面より上に出すことができます。仮に、パニックで過呼吸になっても気道に水が入ることを防ぐことができるのです。

海上保安庁のデータによると水の事故が起こった時、ライフジャケットを着用していなかった場合の生存率は4割。一方、ライフジャケットを着用していた場合は9割と、2倍以上も生存率が上がります。

ライフジャケットを着用して安全・安心に水遊びをしましょう。

 

 

 こども用ライフジャケットの選び方

 

 ライフジャケットの正しい着用方法

 

 

 協賛社

私たちは、こどもたちのためのプロジェクトに取り組んできます。

 

JT長崎支店
長崎サンセットマリーナ

 

NDKCOM
医療法人カメリア 大村共立病院
オムロプリント
グリーンテック九州
開生薬局
シンコー
095BJJ長崎柔術
総合システム管理
たちばな信用金庫
GROW
菱工エンジニアリング
ZMP

 

アポロ興産
シーエスケイ
株式会社石橋工業
nps株式会社
おおむらケーブルテレビ
株式会社勝手
北村理子クリニック皮ふ形成外科
琴花園
栗鷹物産
株式会社西海興業
寿福
トータルサポート
株式会社長崎土建工業所
長崎空港ビルディング
長崎県薬剤師会
野中木工所
万勝院
有限会社ウェル
福江ケーブルテレビ
大村市競艇企業局
もろおか薬品
医療法人賜誠会 みやしたリウマチ・内科クリニック
やなぎクリニック

(順不同)

 

 特別協力

大塚製薬株式会社
グローブライド株式会社

 

 後援

長崎県
長崎県教育委員会
一般社団法人長崎県保育協会
認定NPO法人「Love&Safetyおおむら」
長崎海上保安部
佐世保海上保安部
(公財)海上保安協会長崎支部

 

 出典

・一般社団法人吉川慎之介記念基金
・冊子 「Love & Safety 子どもの安全管理
    ~ 水辺の事故を減らすために、今できること ~」
    【動画】水辺の事故を減らすために、今できること

・【イラスト】 上大岡トメ、タラジロウ
 【文】 吉田 渓
 【デザイン】 Tyche Design Office

このページの一番上に戻る